『保留テロ』の購入者を特定する方法

Pocket

低資金せどらー・ばーばらです。

 

最近、『保留テロ』という言葉を耳にする機会が増えてきました(*´Д`)

 

せどりに取り組んでいると、どこかで必ず遭遇するのが「保留テロ」ですが、

打つ手がなく耐えるしかない問題でもあります。

 

 

でも、泣き寝入りするだけというのも悔しいところですよね。

 

保留テロを完全に防ぐことは出来ませんが、保留期間を少しでも短くする方法はありますので、もしあなたが頭を悩ませている場合は本記事をご覧になってくださいね。

 

この記事では『保留テロの保留を早く解除する方法』をあなたにお伝えします。

 

 

1.そもそも保留テロとは?

 

『保留テロ』って?と思われる方もいるかもしれませんので、簡単にご説明するとあなたと同じ商品を出品している別のストア(つまりライバル)があなたの商品を注文したまま保留状態にし、その間に自分のストアの商品を売ろうとする行為です。

 

注文されると確定しなくてもAmazonの商品ページから消えてしまうので、その間あなたの商品は誰にも注文されることがないんですね。

 

つまり販売期間の損失です。

 

1週間近く保留状態に出来るのですが、保留状態が続き注文キャンセルされた後にすぐ注文して保留状態にされ、数週間保留が続くこともあります。

 

『注文(保留) → キャンセル → 注文(保留)』の状態が続いてしまうんです。

 

悪質な行為なので、Amazonに対策を取ってもらいたいところですが、一概に全ての保留がライバル店によるものといえないので対策が取りづらいというのがモヤモヤするところなんです(‘Д’)

 

本当に購入しようとしたお客さんが保留している可能性もありますからね。

 

 

2.保留テロかどうかを判別する方法

注文を受けるとあなたのストアアカウントに注文を受けた連絡が届くかと思います。

注文が確定するまでは注文内容を見ても購入者の情報を知ることは出来ないですが、保留状態が続きキャンセルされると『誰が購入しようとしたかを見ることが出来ます』。

 

早速手順を見ていきましょう。

 

まずはセラーセントラルにログインします。

 

画面上部の「注文」から「注文管理」メニューをクリックしましょう。

 

そうすると注文履歴の一覧が表示されます。

一覧をざ~っとたどっていくと、保留からキャンセルされた注文が見つかります。

 

注文が確定した情報は黒字で表示されますが、キャンセルされた注文は薄く表示されるので分かり易いかと思います。

 

で、このキャンセルされた情報を見ると『購入者に連絡』するの部分にお客さんの名前が表示されるんですね。

 

名前の部分をクリックすれば相手にメッセージを送ることも出来ます。

 

 

3.保留注文の購入者が分ったらやること

 

1度目の保留テロには対策が取れませんが、キャンセルされることで購入者と連絡を取ることが出来るようになります。

 

1度目のキャンセルでは悪意があるかどうかわかりませんので、再度注文され保留状態が続いたらメッセージを送って購入の意思があるか確認してみましょう。

意思のない注文保留が続く場合はAmazonサポートデスクに相談し、Amazonから注文相手に対して警告をしてもらうのも効果的かもしれません。

 

4.おわりに

 

いかがだったでしょうか?

保留テロを完全に防ぐということは出来ませんが、相手に警告を伝えることが出来るだけでも被害と保留期間を緩和出来ますよね。

 

この方法であなたのお悩みが少しでも解消できればなによりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です